神前式の髪型

綿帽子や角隠し、鬘など、普段できないヘアスタイルがおすすめです。

白無垢の時の髪型

白無垢の場合、「綿帽子(わたぼうし)」または「角隠し(つのかくし)」が伝統的なスタイルになります。

角隠し

白無垢だけでなく、色内掛・黒振袖などにもつけます。高い髷(まげ)を結い、帯状・幅広の布を頭を覆う形で被ります。「簪(かんざし)」を合わせる事で、凛とし美しさを醸し出します。

神前式

出典:http://instagrammernews.com/

かつら+綿帽子

かつらの上から、丸い形の白い布を深めに被ります。可愛らしく奥ゆかしい雰囲気になります。

洋髪+綿帽子

「かつらに抵抗がある」「かつらは似合わない」「重いからいや」「かつら代は出せない」という方は、洋髪に綿帽子のスタイルも人気です。 この場合は、綿帽子の中に詰め物やワイヤーを入れて綿帽子が崩れないようにします。この詰め物、下から覗きこんだり、激しく動かなければ、見えたりしないので大丈夫です!

神前式

出典:http://instagrammernews.com/

色打掛の時の髪型

洋髪

神前式

出典:http://instagrammernews.com/

最近は洋髪スタイルが人気。着物のボリューム感がすごいので、アップにするなど、首周りはスッキリさせた方が良いです。
髪型自体は、やり過ぎかな?と思うくらいボリュームをもたせた方が、全体のバランスが良いです!
お花やかんざしで、顔周り、後ろも華やかにするととっても素敵です。
好きなスタイルに結ってもらえるので、ヘアメイクさんと相談しながら決めましょう。
エクステや特殊な髪型は追加料金がかかるかもしれませんのでリハーサルの際に確認しましょう。

神前式

出典:http://instagrammernews.com/

 

神前式の衣装は?

神前式の髪型は?

神前式のメイク・ネイルは?