神前式の衣装

和装では、ウェディングドレスにはない、日本人ならではの美しさが引き立ちます。伝統的なスタイルから、着こなしや髪型など個性的にアレンジするスタイルまで、今はいろんな和婚スタイルが増えています♡

白無垢

神前式

出典:http://instagrammernews.com/

最近は色打ち掛けやドレスで挙式できるところもあるようですが、厳かなでトラディショナルな雰囲気が好きな方は やはり純白の白無垢がオススメです。着る機会がなかなかないので、とってもいい思い出になると思います!
白無垢にもさまさまな種類/グレードがあります。
だいたいこんな感じのようです。

素材:(安い)化繊←→正絹(しょうけん)(高い)
柄:(安い)少ない←→多い(高い)
裏地:(安い)白←→赤(高い)

色打掛

神前式

出典:http://instagrammernews.com/

白無垢と同じ形で色がついているものを「色打掛」と言います。
白無垢の白い羽織だけを脱いで、色打掛を羽織り直します。
前撮りや、お色直しで使われ、神前式結婚式にも着用できます。(※だめなところもあるようなので、神社に確認しましょう) 赤や金、ピンク、紫や緑、水色など、色も柄もさまざま。
とっても華やかですてきなので、披露宴でのお色直しにおすすめです♡

引き振袖

着物の裾を打掛のように引いたものを「引き振袖」や「お引き摺り」といいます。角隠しをつければ挙式でも着られます。黒地の引き振袖である黒引き振袖は、もともと江戸時代の武家の婚礼衣装。特に花嫁さんから人気があります。
色打ち掛けは元々お姫様の衣装で、かなりボリュームがありますので、似合わない人も中にはいます。そういった方も、引き振袖なら似合う場合が多いようです。
また洋髪との相性も良いため、今、洋髪+引き振袖のスタイルも人気の一つ。大胆な帯のアレンジもできるので、人とは違った個性的な和婚にしたい人にもおすすめです。

 

神前式の衣装は?

神前式の髪型は?

神前式のメイク・ネイルは?